nawota's Cafe

タロサ帝國の憂鬱・継

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花押のせかい

日曜日、銀座アートスペースにて開催されていた、「鶴川流花押展」に行ってきた。

花押とは、いわゆる「署名」のこと。

平安時代に生まれた花押は、単なる署名に留まらず、心情や信条、つまり自分という存在を表す記号、自己表現の印として発展してきているそうだ。

鶴川流花押は、元来の花押をより自由に、より雄弁に自分を表現するものとして・・・

いや、こんな難しいことを書かなくても、一度見てもらえばよくわかる。

とにかく、カッコイイし素敵なんですよ。


で、俺も欲しくなっちゃったわけ。

自分の花押が。


もちろん、ちゃんとした先生に習って、より優雅で美しい花押を作るのもいい。

でも、花押ってのはそんな堅苦しいものではないのだと、鶴川流花押は言っている。(と勝手に解釈する)

なので、自分で作ってみようと思ったわけ。

まず、元になる文字。これは、自分の名前の一文字「慎」を使うことにした。

花押は、草書体を元に作られることが多いので、草書の「慎」という字を使う。
慎(草書)


これをアウトライン化して、いろいろといじってみる。

で、できたのがこれ。
花押


我ながら、なかなか良いと思う。(自画自賛)

これをこのまま使うわけにはいかない。筆で書くなんてことはほとんど無いし、あっても下手じゃかっこがつかないのね。

なので、これをペンで書いてみた。
花押(ペン)


うーん。やはりペン字だとちょっと寂しい気がする。

なので、もうひとつ、サイン風の花押も作ってみた。
花押(ペン2)


普段はこいつを使おう。

臨機応変に。それも花押の魅力だと思うのである。


花押について、もっと知りたい人は、望月鶴川先生の著書「花押のせかい」をお勧めします。

初心者向けに書かれているので、わかりやすく読みやすい内容です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starnawota.blog112.fc2.com/tb.php/6-1db2e5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。