FC2ブログ

nawota's Cafe

タロサ帝國の憂鬱・継

判決

光市母子殺害事件で死刑判決がでた。

はじめに断っておくが、この判決は妥当なものだと思う。

争点は永山基準と呼ばれる死刑判決の基準となる判例が、この事件をきっかけに変わるのかということだ。

永山基準を踏襲するとすれば、今回の事件は無期懲役が妥当な判決だろう。判例至上主義の裁判所としたら、世論がどうあれ、この線を崩すことは無いはずだった。

それが覆ったのは、ひとえに被害者遺族の本村洋氏の存在である。今後の裁判制度がどうなるのかわからないが、彼の存在は確実に一石を投じたことになる。

被害者の声が司法に届くようになった。そういう意味では画期的ではあるが、果たしてそれが良いことなのか。もちろん、良いことなのだと思うが、あまりにも被害者の感情が重視される傾向となれば、それはそれで正しい裁判が可能なのかという不安もある。

陪審員制度が開始されることで、それが助長されないことを祈りたい。



今回の事件では、弁護団の存在も大きくクローズアップされた。

弁護人とは法律を駆使して、最大限、被告人を弁護することを責務とする。また、被告人は弁護人を立てて自らの量刑を軽くしようとする権利がある。

したがって、この弁護団が荒唐無稽なストーリーを仕立てて弁護方針としたことについて、そのこと自体に問題は無いだろう。

しかし、その弁護方針が正しかったかといえば、結果論ではあるが、甚だ疑問である。

はっきり言ってバカなんじゃないの?

もっとやりようがあったような気がする。結局は、被害者も被告人も貶めるような弁護方針となったことは、なんともやりきれない思いがする。

それ以前に、まず「死刑廃止」ありきの立場が見え隠れするんだよな。この事件をきっかけに死刑廃止論が盛り上がればいい程度に思っていたんじゃないだろうか。

もし、本当にそうであれば、なおさら、被害者も被告人も浮かばれない。


スポンサーサイト



テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starnawota.blog112.fc2.com/tb.php/4-f6e51c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)